*ロンドン永住日記* | 英国のダークな一面と理不尽をえぐります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 西園寺 薫 on  | 

事故後の展開。


最近暑くて寝苦しいと思ってたらなんだかあっという間に秋の風情に(涙)。

コドモは夜中起き出してはMax不機嫌を包み隠さずぶつけてくるので
寝不足がたたり、通勤中さえ眠くなって困っていたものの。

毎年の事ながらあまりの短さに寂しさを覚えます。

もう今年は終わりですか?

もう戻ってこないのですか?

夏は。



前回は、事故とその後処理について半ば恨み節ちら見せで書かせて頂きました。

実は後日談がございますんですええ。


収束してまもなく、私とダンナのケータイへ妙なテキストメールが届くようになりました。

メッセージの内容はこんなかんじ。

Our records indicate you may be entitled to £3250 for the accident you had.
To reply CLAIM to this message. To opt out text STOP.

さくっと目を通した段階で件の事故のことかとピーンときたのですが、
はじめは3250ポンドの支払い義務でも発生したのかともう死にたくなりました。

が、よく読むと逆で、訴えれば3250ポンドせしめられるかもしれませんよ、と
唆しているのですね。

きもちわるいので放っておいたら、1ヶ月おきくらいに届くようになりました。

さらに無視してたらダンナにも届くようになりました。

まあ、STOPとテキストしないかぎり送り続けてくるようなので、放置して様子をみることに致しました。

しかし、このテキストメール、何か変だと思いませんでしたか?



そう、ドコから来てるメールなのかということ。

事故を起こしたことを知ってるのは保険会社とあいまみえた相手だけ。

相手自身が私たちに訴えれば3250ポンドせしめられますよなどとのたまうはずもない。

では、保険会社がそんなことを言うだろうか?

しかもテキストメールで。


なぞは深まるばかり。


そしてまた、超最近同様のメールが届いたのですが、
金額が£3850に増額されていました。

徳川埋蔵金のごとく、時価が変わります。

3250ポンドでは動かないと踏んだのか
実に微妙な増額です。

しかし、上記の文中にもありますが、

you MAY be entitled.....ですから。

MAYってところが曲者というか、方便臭漂うといいますか
出たとこ勝負感とうっすら逃げ道感も匂いたちます。

確実ではないようです。



ますます気になる、おまえの正体。


そんな感じで、また数日経ったころ、

なんとなく聞き流してる朝のBBCヌースで知ってしまったのです。

それは保険会社が事故の当事者のパーソナルデータ及び事故の詳細を
法律家事務所へ隠れて垂れ流しているというものでした。

出ドコを突き止めるのは至難のワザというかもう不可能なようで、
法律関係オフィスが個人情報を保険会社から
購入しているということらしいです。もちろん闇で。

そして得た情報を元に相手からふんだくれる上限目安みたいなものを算出し、
勝訴できそうなほうが訴訟を起こしたくなるように教唆する、と。

勝訴の際には成功報酬いくら持ってくのでしょう。

情報垂れ流してるザ・背任スタッフも
まあ、ばれなければ、そりゃいいお小遣い稼ぎにはなるでしょう。

めっっちゃばれてるんですがね。

てことは、うちの個人情報もドナドナされちゃったんですね。

面白いのでもうすこし放置してみようと思います。



正体がわかってしまうと、何かが急激に萎えますね。


Category : 英国生活
Posted by 西園寺 薫 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://maisoncoutureh.blog52.fc2.com/tb.php/133-8f0a40cf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。