*ロンドン永住日記* | 英国のダークな一面と理不尽をえぐります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 西園寺 薫 on  | 

帰国日記 1

いやー。ちょっとお休みしすぎてしまいました。

まだまだ傷が深いようですね。

錯乱するココロがちら見えです。

で、日本に一時帰国してました。

夢のような21日間が終わってしまいました。
楽しすぎたせいでしょうか、記憶がありません。

舞台が日本の夢をみては起きたときに軽い胃痛と奈落のような喪失感をおぼえつつも、
帰英後1週間も経ち気持ちもそろそろもとの湿地帯の淀みに落ち着いたようです。

一気にまた、待ったなしでコドモの弁当作りから始まる現実にまだココロがついていきませんが、
ちょっと覚書として(なぜか)コドモとの帰国珍道中を振り返ってみようと思います。

8日の便でヒースローを昼過ぎに発ち、
次の日の朝10時前くらいに成田へ到着する(コドモつき)という実に濃厚なフルコース仕立ての旅。

当日はどんよりとロンドンを体現して余りあるほどの冴えないお天気でした。
そのうえ私が、出発前夜にがんばってカラにした冷蔵庫をまえにモーレツに喉がかわき、
飲みたい飲み物がなかったため、しかたなくアイスコーヒーを作り、
屋台のサラリーマンよろしく呷ったんです、くあーっとのど鳴らして。

するとどうでしょう。

あした超長旅だっつーのに、おもしろいほど一睡も出来ないぢゃありませんか。

寝返りばっかでうつらうつらしたと思ったらなんとなく朝になっていました。
ビミョーな途切れ途切れの記憶があり、朝みょーにアタマが重いんです。
なんとなく、昨日との境目がない、ようなあの徹夜の味わいとでもいいましょうか。
まったく、疲れが取れてない。
コドモとは別のでっかい荷物を出発前に背負ってしまったんです。
自分という名の。ヒュールリーララー。

寝返りうちながら寝られず、
そのときは、ああ、こんなに私、日本行きが楽しみなのだなどと
どこまでも的外れにしみじみしておりましたが、
とんでもない、あの、コーヒーのせいですよ。

飛行機は、午後1時45分にヒースローを出発。
機内では早々におビールを頂き、上機嫌のまま、コドモとDSで電池切れるまで遊んでました。
去年までがうそのように今年はとてもいい子でいてくれて、
覚悟したほどしんどい行程ではありませんでした。
それにしてもコドモというのは新しい場所では寝ませんね。
手を替え品を替え飽きさせないようにコントロールすること9時間。
とっくに眠いはずなのに、寝に入ったのは着陸2時間前くらいでした。
というと日本時間あさ7時半くらいですから、実に夜11時半に就寝したことになります。
いやーがんばったもんです。すぐ起こされるのにさ。

しかし、トイレから戻るとお座席2席完全に取られていました。
私はトイレ行ったり後ろのスペースでストレッチやったり肘掛に座っておりました。
ああ横になりたい。足上げたい。起きたら家についてて欲しい。

などととまらない妄想とともに飛行機は段々高度を下げ、雲を抜けると眼下には日本の田園風景。
日本語の看板がみえ、走ってる車がみえ、そのうち着陸用の車輪が出る音がしたと思ったら
だっだーーーん。と着陸。と同時にブレーキの圧が全身につきささります。

毎回の事ながらちょっと感動の瞬間ですね。あれは。
反対にヒースローに着いたときのだっだーーーんは
現実のスイッチを許可なくムリヤリ押されたようで最も忌み嫌うもののひとつだったりします。
およそ感動とは無縁の似て非なる感覚に心をこめて舌打ちしたくなります。

空港にはおじいちゃん(私の父)が迎えに来てくれてました。
2時間もかかるとこ、大変なのにいつもありがとう。本当にありがとう。ございます。

孫をみると本当にうれしそうなんですよね。
孫もおんなじ。
今年はおじいちゃんをしっかり覚えてたようですね。

2日徹夜で意識も混濁して幻覚寸前でしたががんばってよかった。
この笑顔には代えられませんからね。
なんたって1年に1回ですからねー(ぼそ)。
もっと多くてもいいんですけどねー。

もう誓って前夜にコーヒーは飲みません。


英系のヒコーキは成田に朝着くので、着いたときの体調は結構重要です。

時差ぼけにならないようにするには甘酒がいいとのこと。
朝、決まった時間に飲むのだそうです。
しかも酒粕でなく米麴100パーセントのもの。


本当でしょうか?


Category : 日本
Posted by 西園寺 薫 on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

akko says...""
お帰りなさい(^^)v

楽しかったですか?って当たり前ですよね(笑)
1年に1回の帰国は多いのか少ないのか?どうなんでしょう?
家も子供にイギリスに住むのって素敵・・・なんて昔から言い聞かせてたけど
全然興味なさそうで結局近所に住んでいましてつまらない毎日です。
娘がイギリスにお嫁に行ってたら毎年遊びに行けたのに~などと呑気に
今でも思っています。遊びに行くには楽しそうです。
住んでみると大変ですか?
この後、日本の楽しいお話が続くのかな?楽しみです。
2011.11.19 16:01 | URL | #Hc5ScHSo [edit]
えびサブレ says..."Re: タイトルなし"
ただいまでした!
楽しかったですー。毎年のことながら。
イギリスも、遊びに来るのは楽しいかもしれません。特に円高中はやはりそんなに金銭的に神経質にならずにすむでしょうしね。今はまだ逆はつらいので、日本にいるあいだは結構倹約しながらの滞在になりましたけどね。
あと、こちらはまだ、日本の食品が激減したままなので、すこしじぶんで空輸しました。
ちなみに住むのはあまりお勧めしません(笑)。
とゆーか、全くお勧めしません(爆)。

> お帰りなさい(^^)v
>
> 楽しかったですか?って当たり前ですよね(笑)
> 1年に1回の帰国は多いのか少ないのか?どうなんでしょう?
> 家も子供にイギリスに住むのって素敵・・・なんて昔から言い聞かせてたけど
> 全然興味なさそうで結局近所に住んでいましてつまらない毎日です。
> 娘がイギリスにお嫁に行ってたら毎年遊びに行けたのに~などと呑気に
> 今でも思っています。遊びに行くには楽しそうです。
> 住んでみると大変ですか?
> この後、日本の楽しいお話が続くのかな?楽しみです。
2011.11.25 21:41 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.11.28 16:24 | | # [edit]
says..."承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.06.21 07:41 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://maisoncoutureh.blog52.fc2.com/tb.php/143-53555b04
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。