*ロンドン永住日記* | 英国のダークな一面と理不尽をえぐります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 西園寺 薫 on  | 

続 ・ Congestion Charge

以前、ロンドンのCongestion Chargeについて書いた。


混雑の激しい中心地の一部へ車で乗り入れる際に支払わなければならない通行料(税金)だ。

一回買えば、その日は何度でも出入り自由である(そんなに出入りしない)。

しかしこの税金、一回8ポンドなので馬鹿にできない。

ぼった栗なうえ、該当ゾーン内に住んでる人も、従来の8ポンドの1/10、80ペンスを支払う。

つまり、1週間(月-金)4ポンドで、1ヶ月20ポンド弱、年間じつに約200ポンド以上強制的に徴収されるので住人はたまったものではない。


だがこの税金、実は、一部車両は免除される。


その一部車両とはハイブリッドだ。


エレクトリックカーも該当する。


なんと、国内どこに住んでいようと1年でたった10ポンドだ。



トランスポートオフィスのサイトから該当申請用紙をダウンロードし、記入する。

10ポンドの小切手と、車両証明と所有証明のコピーを同封し、指定の住所へ送るだけ。

登録されました通知が送られてくるので自分のクルマのナンバーが正しく記載されてればよし。


うちのコはこれで納税を免れた。


まあこれしき、まだまだ日本のようにエコカー減税+補助金のすごさにはかなわぬのだが。


しかし混雑税の名目で徴収されるはずの税金においてハイブリッドは除外というのは、どうなんだ。




じつにでたらめである。




いつも応援ありがとうございます。
     ↓

人気ブログランキングへ

Category : 英国生活
Posted by 西園寺 薫 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://maisoncoutureh.blog52.fc2.com/tb.php/19-b5b51ae5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。