*ロンドン永住日記* | 英国のダークな一面と理不尽をえぐります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 西園寺 薫 on  | 

ロンドンのユニクロ

昨日書いたMulled Wine,まだあるので夕食のおともに頂いた。

おかずは塩さばと高野豆腐。


我ながら中々強烈な組み合わせであった。


うすうす感づいてはいたが、試してみたのだ。


普通魚介類と赤ワインというのはまあ、相性がよろしくないというが、その理由が良ーく判った。


口の中がおっそろしく生臭いのだ。

それはもう表彰モンであった。


このメカニズムはなんだ。


日本酒に替えたら、失われた味覚が戻ってきた。



まあ、赤ワインにも依るのかも知れないが。


身を以って学んだのでよしとしよう。




ときに、ロンドンのユニクロ。


日本にいたときからよく利用していたのでロンドンでも結構頻繁に行く。


Oxford St. にある、Flag shopだ。

ここは、たぶん英国で一番大きな店舗になると思われる。

間口はたいしたことないが、結構奥行きがあり、B1 + 2Fで3フロアあるのでなかなか品数も豊富なのだ。



主に週末に行くことが多いが、結構混んでいる(特にお昼過ぎくらいから)。


今はやはりヒートテックだ。

まとめ買いはもはや義務化している。


ちなみに。


少し前は+J発売に伴い、異常に混んでいた。

去年の+J発売時は、知名度が今ひとつだったのか、発売何日か過ぎた後もわりと商品が残っていた。

が、今年はまるでもう、セール会場に嵐が去った後だった(涙)。



それでもなんとかバギーを押し、ぐずる子どもにおだまりアメを渡し、試着にいそしむ。


楽しみにしてたのに、こんなにすごいとは。


タキシードジャケットを見つけた。

鏡のまえでチェックする。

ふくよかなおばさんが、試着中「そのジャケットすてきね」などと声をかけてくれる。


確かに素敵(ジャケットが)。

子どもがいなけりゃ買ってたかもなー。


前に釦がないタイプだったので、ちょっと寒そう。

諦めて売り場に戻す。



するとすぐにさっきのおばさんが、ウインクして持っていった。



君にはちと小さいと思うのだが。




次にちょっとコンパクトなジャケットを試す。



着るときれいなシルエット。


床においても形を維持していそうなくらい硬い生地。


発色もいい。


が、丈が短すぎる。

スカートにあわせるなら絶妙なのだが、如何せん、私はパンツ派。



寒さに耐えるくらいの厚手のものなのに、この着丈では、使用時期がわからない(涙)。




結局、PEA COATを一つ買って帰り際。


セキュリティーゲートが鳴った。

明らかに私の荷物。


2回目には鳴らなかったのだが、何に反応したもんか。


誤作動か。





恐るべしユニクロ。




いつも応援ありがとうございます。
     ↓

人気ブログランキングへ




Category : ファッション
Posted by 西園寺 薫 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://maisoncoutureh.blog52.fc2.com/tb.php/21-a4b01fc0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。