*ロンドン永住日記* | 英国のダークな一面と理不尽をえぐります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 西園寺 薫 on  | 

軟水の勝ち

イギリス人は皿を濯がない。


洗剤で泡だらけのお皿を濯がず、拭く。

または伏せておく。


この辺は家庭によって異なるようだがお湯で濯ぐという感覚はあまりないようだ。



イギリス人のC子によれば、水が貴重だった時代の名残だの、どうせ泡はほっといてもなくなるからそのままにしとけばいいだの、なんというかイマイチ決め手に欠ける。これといった理由はないようだ。


まあ、そのうえで普通に生活しているのなら、特に害はないということと解釈する。



食洗器の普及でだいぶ事情も変わったことだろう。

ちなみにちゃんと濯ぐ家庭もあるそうだ。



しかし濯いでも拭かずに伏せておいた食器は今度は乾いても斑点が。


limescaleとよばれる石灰分が水分の蒸発した後に残るのだ。




ヨーロッパ全体にいえることだが、硬水というのは日本の軟水とは違い、デメリットが大きい。


もちろん英国もばりばりの硬水。


よく在住の日本人は、硬水は手が荒れるし髪も洗ったあとぱっさぱさになるーと嘆いてゐる。


なんというか、水が

強い
 
のだ。


カルシウムやマグネシウムが豊富=高濃度なら当然といえば当然である。


日本ではよく水道周りに粘着質の水垢と呼ばれるものが付着していることがある。

英国ではその水垢に相当するものが石灰になる。

カリッカリになるので、なかなか擦っても落ちないシロモノである。


ポットの内部や細かい部品部分などに結晶のようにこびりつく。

熱効率は下がって不経済なうえ、機械類は結晶しないように定期的なメンテナンスを求められる。

そのため、洗濯機や食洗器専用の石灰分解タブレットも売っているほどである。

他の手段としては手っ取り早く酢をかければ比較的対処は楽だ。


だが掃除の後、なんとなーくキッチンが酢いのだ。


たかが水になんと手のかかることよ。



人間なら間違いなく問題児といえよう。






紅茶を淹れると、日本の軟水の場合、紅ーいきれいな色がでる。

恐らく英国在住者にとってなぜ紅茶といわれるか瞬時に合点がいくほど紅く見えるはずだ。


というのは英国の硬水で淹れた紅茶は、黒い。

ブラックコーヒーのようにミルクも砂糖も入れない紅茶がBlack teaといわれるゆえんだ。


なお、red tea などと言っても通じない。



紅茶そのものがteaであり、緑茶にはgreen tea, 白茶はwhite teaという具合に紅茶以外は実に準レギュラー扱いだ。


スーパーで売っているミネラルウォーターもほとんど硬水で、軟水なのは日本でもおなじみのvolvicくらいである。


お米はこのVOLVICで炊くとおいしい。






ただひとつ、ミネラルウォーターには炭酸入りと炭酸なしがあって、炭酸入りが好きな人は、絶対硬水の方がおいしいと思う。

うまくいえないが、ドライでさっぱりしている。

炭酸と硬水の成分がなんとも言えず絶妙なのだ(飽くまでも主観)。

2Lのボトルで50円くらいからあって安い。





10年住んで思いつくメリットはこれだけだ。




軟水に1票。




いつも応援ありがとうございます。
     ↓

人気ブログランキングへ

Category : 英国生活
Posted by 西園寺 薫 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://maisoncoutureh.blog52.fc2.com/tb.php/22-401dd57a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。