*ロンドン永住日記* | 英国のダークな一面と理不尽をえぐります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 西園寺 薫 on  | 

英国生活ネットトラブル前編

自宅のpcを(今更)wireressにしようとして失敗した。


そしてブログの更新が滞ってしまった。


今まではケーブルでつながっていたので、なんとかwirelessにして、pcの台数も増やそうとココロみた。
CDをインストールするだけであとはモデムとルータをケーブルをつなげばwirelessになるってとこで、connection problem。

まあ、予想はしていたが、やはりそのとおりになるとショックだ。


調べてみると、ルータとモデムはつながっているようだ。


これらとpcがつながらない。



がああーっかり。



こういうろくでもない予想だけは裏切られない。

むかつくほど不思議と的中するのでうっとうしい限りだ。


また、プロバイダーに電話しなければならない。

ちなみにうちのプロバイダはvirgin mediaである。

テレビや電話とセットのプランだ。

航空会社virgin atlantic, virgin trainなどvirgin groupの系列会社である。

おととし、現住所へ引っ越してきたときに新規で契約。
それから、実に固定電話が7-8回は不通にされた。
悪名高い会社でもある。

そのたびケータイ電話で苦情。

そして、技術者の訪問のため会社休んで自宅待機。
この国は配送時間にしても訪問にしても時間指定はできずムダの生産が超一流といえる。

いまはもうその手のチョンボは減ったが、今度はネットだ。


ああ、いぢるんじゃなかった(涙)。


私はこの手の電話はあまり得意でない。

この国特有のカスタマーサービスがインドにある、という社内構造によるものだ。

人件費の節約のため、旧植民地あたりにカスタマーサービス部署をつくり、そこから英国内の技術者部署へ人材派遣の指示を出す。

そのせいか、まともな発音のアドバイザーと話したことがない。

大抵インド訛、スリランカ訛相手に格闘する羽目になる。


あに言ってっだ?て感じ。


こどもが大きくなったら代わりに電話してほしいのだが如何せんあと10年はかかる。


ここはがまんだ。



faultの専用番号へかける。


日本大好きというお兄ちゃんとつながった。


しかし、しっかりインドの訛がついて来た。



状況を手短に話し、さっさと技術者をよこすように依頼する。


やはり、というかいろいろ配線具合から点灯具合まで細かく聞いてくる。

そのなかで、くれよんしんちゃんがとても好きとか来年は日本へホリデーで行く予定という話を混ぜ込んでくるのでよくわからないまま確認作業が進む。



いろいろ確認した結果、モデムに信号が届いていないことが発覚。


やっと技術者を手配してくれた。


やれやれ。



しかしこれは悪夢のはじまりであった。






続きたくはなかったが続く。



いつも応援ありがとうございます。
     ↓

人気ブログランキングへ

Category : プチ不満
Posted by 西園寺 薫 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://maisoncoutureh.blog52.fc2.com/tb.php/30-3ff302dc
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。