*ロンドン永住日記* | 英国のダークな一面と理不尽をえぐります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 西園寺 薫 on  | 

こちらもガラパゴス その壱


前々回の記事、写真が右に突き抜けてますね。

ええ、未修正で掲載してしまいました。


すみません。


ところで。


以前どこかにも書いたが、英国にはヨーロッパ諸国とは違う!というプライドがあるらしい。

食文化、コンセントの形状や、ユーロ未参加、んで自国語(英語)しかわからない(爆)、などなかなか表彰モンだ。

そしてもうひとつ、外国人泣かせの独自単位が存在する。





いつも応援ありがとうございます。
     ↓

人気ブログランキングへ

この国は、単位の表示に互換性がない。

国内限定単位が多すぎるのだ。

悲しいほど、国外では使えないものばかりだ。



例えば、

身長。


ふつー180センチとかセンチメートル表記が一般的だが、ここは違う。

180センチではなく5フィート90インチだ。

まったく背の高さがイメージできないのだ。

すっきりしない残尿感がのこる。

1フィート=12インチ=30.48cm

1インチ=2.54cm

なのだ。

なんと、10進数ではない。

使い勝手悪そうー(大きなお世話だが)。




距離を測る単位もご期待にお答えしてキロメートルなんてもちろん使わない。

マイル表示一辺倒だ。

道路標識も、クルマのメーターも。

したがって、

速度表記もkm/hではなくm/hで、マイル表示しかない。

1マイル=1.6キロメートル


40m/hで、だいたい65km/h。

一般道の法廷速度で直線の国道なんかはこのくらいで走る。



なので、車でドイツ行ったときは戸惑った。

海の向こうは概ねkm/h表示。


自分の車の表示速度と標識の制限速度の数字が合えば、速度超え1.6倍(当社比)になる。

ついうっかり。


やってしまうのだ。




まだまだあるのがせつない。



面積表記だ。


平方メートル(square meter)ではなくsquare feetだ。


部屋や建物の広さを表すのによくお目にかかる。

1square feet = 0.09㎡



100平米で 約1075sq ft.


とても広く感じるが、だまされてはいけない。


100平米=約1075sq ft.=約33ツボ。


とたんに狭そうに聞こえる単位マジック。


まるで秀逸な数式のようである。



まだまだ。


書ききれないので続きは次回の第2弾にひっぱろうと思う。






いつも応援ありがとうございます。
     ↓

人気ブログランキングへ
Category : 未分類
Posted by 西園寺 薫 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://maisoncoutureh.blog52.fc2.com/tb.php/37-29038afd
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。