*ロンドン永住日記* | 英国のダークな一面と理不尽をえぐります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 西園寺 薫 on  | 

またひとついやなものを穿り出してしまいました。

数日前コロモ替えをしたとたん、寒さがぶり返す。

良くあることだ。

ぶりかえすのはいいが、これがまたしつこい。

ぶりかえしっぱなしなので、そこにいたら引退勧告してやりたいくらいだ。


庭の水仙も、すくすく育って育ったまま

想定外の寒の戻りに固まっている。

やはり、イギリスの冬は長い。

それでも、陽がだいぶ長くなり、

ゴゴ6時でも真っ暗ではなくなってきたのがちょっとうれしいところではある。



今日は天気もよく、窓の外にはヒースローから飛び立った飛行機がクッキリ間近に見られた。


ヒースローに着陸する飛行機が見られる日と、

ヒースローから飛び立つ飛行機が見られる日が

ある。


ジャンボジェットはゆっくり高度を上げるので、

かなり地面に近い段階の大きな機体が見える。

いま、デルタが飛んでった。

が、なかなかにうるさい。



こうしてみると、あたりまえだがヒースローは英系の飛行機が一番良く飛んでいる。

British Airways, Virgin, British Midland(日本には飛んでない)。

成田は、Northwest航空だらけだったような気がする。


それにしても、ヒースローの離発着、

山手線並みの分きざみスケヂュールだ。

なかなかの頻度でびゅんびゅん飛んでいくイメージ。


帰宅のときも、ヒースローに向かって着陸してくる飛行機がフロントガラスの向こうに


列になって数機は見える。


これは1台遅れたら、大変である。



むかし、ある本で、


成田は、滑走路が混んでいるとき、着陸待ちの飛行機にスピードを落とすよう指示するらしいが、


ヒースローの管制塔は、むしろ、スピードを落とすなと指示してくるというのを読んだことがある。


ほんとかよ。



以前、ヒースロー空港利用料がひとり1万越えであることを日記でさらりと書いた。


一方、成田は2500円くらい。




では、航空会社が機体の発着料として空港に支払うのはいくらくらいなんだろう。


気になったので調べてみた。



安い順で、


1-シドニー国際空港 8万円
2-ロンドン・ヒースロー空港 11万円
3-シンガポール・チャンギ空港 23万円
4-フランクフルト空港 27万円
5-パリ・ドゴール空港 36万円
6-上海、NYケネディ空港 51万円
7-アムステルダム・スキポール空港 63万円


意外とスキポールがダークホースだった。


しかし、日本の空港がダントツで大穴だ。

8-中部国際空港 70万円
9-関空 83万円

10-成田 95万円


これは国際線の代表サイズの395トンの場合だそうだ。

といわれてもな。


恐るべし空港界の大ボス、成田。

もうすぐ100万クラスだ。


これだけの負担額にもかかわらずなお、

発着枠空き待ちのエアラインがあるとは信じられないんですが。


売れっ子No.1ホストの成田君。






一方、空港設備使用料の個人負担額だ。


1-上海空港 1300円
2-成田空港 2500円
3-フランクフルト空港 4000円
4-NYケネディ空港、&パリ・ドゴール空港 6000円
5-シドニー空港 9000円
6-ヒースロー空港 11200円



やっぱりというか欧州の場合は、

乗客負担額が大きく、各航空会社の負担額は少ない。

日本は逆のシステム採用。

どっちかが割を食う。



それにしてもイギリスだけが相変わらず強気な料金設定だ。


無理を押し通す国、イギリス。


入国だけでなく出国する人間からもむしりとる。


搾取の国、イギリス。




ここでもなお人知れずひっそり虐げられていたようだ。



今日はちょっと調べ物をして、ひとつ賢くなった。





いつも応援ありがとうございます。
     ↓

人気ブログランキングへ
Category : 飛行機
Posted by 西園寺 薫 on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

Maggie Q2000 says...""
初めまして。ロンドンは1回だけ行ったことがあるのですが、まずはホテルがあほみたいに高くて安いユースみたいなところに泊まったら、部屋の窓が閉まらなくて朝まで9月に豪快に開けっ放し、フロントに文句を言っても私には無理!てな対応でした。空港は乗継でつかったことがありますが、巨大なので使い勝手あまりよくないですよね。

ところで、ランキングに酸化してますよ。
2011.03.04 21:04 | URL | #mQop/nM. [edit]
えびサブレ says...""
初めまして、こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。
ロンドンのホテルはほんとに高いですね。
たいしたことないのに。
そのうえ開けっ放しとはまたしょっぱなから強烈な洗礼を受けられましたね。

一方スウェーデンの空港もホテルもきれいで機能的そうな感じがします。
勝手な北欧のイメージですが。

ランキング酸化、わざとだったのですが、やっぱりただ間違えただけに見えますよねえ。
ちょっと客観的な判断が出来ず、見切りで使用し始めてしまいました。
直しときますね。

またぜひあそびにいらして下さいね。
2011.03.05 08:01 | URL | #- [edit]
きなこ says...""
興味深いお話ありががとうございます。
航空会社の払う発着料が高い空港は、個人客の空港使用料は安く、
逆に発着料の安い空港は個人の使用料が高いってことですね~。
でも、発着料が高いと、その分はフライトの料金に加算されているだろうし、
結局はどっちもどっちってことですかね~(^^ゞ
ヒースロー空港、広過ぎです(>_<)
乗り継ぎに時間がかかり過ぎるし、荷物で痛い思いもしたので、
最近は極力ヒースロー経由は避けています(^^ゞ
2011.03.06 00:50 | URL | #VaOHpDF6 [edit]
えびサブレ says..."Re: タイトルなし"
> 興味深いお話ありががとうございます。
> 航空会社の払う発着料が高い空港は、個人客の空港使用料は安く、
> 逆に発着料の安い空港は個人の使用料が高いってことですね~。
> でも、発着料が高いと、その分はフライトの料金に加算されているだろうし、
> 結局はどっちもどっちってことですかね~(^^ゞ
> ヒースロー空港、広過ぎです(>_<)
> 乗り継ぎに時間がかかり過ぎるし、荷物で痛い思いもしたので、
> 最近は極力ヒースロー経由は避けています(^^ゞ

こんにちは。

ヒースロー経由は、づばり避けましょう。
ロストバゲッジが多すぎますので。
ロンドン始発で直行ならともかくトランジットはひそかにギャンブルです。

たしかに発着料が高いとそのぶん航空運賃に反映されそうですね。
しかし発着料が安いくせに、航空運賃が高いので、使用料とは別に
便乗して2重にも3重にも徴収されていそうなケハイを感じます(笑)。

しかし、今となってはお金より、時間を短縮してほしいですね。
8時間くらいになればいいのにーって思います。
2011.03.06 09:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://maisoncoutureh.blog52.fc2.com/tb.php/65-776eb4d5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。