*ロンドン永住日記* | 英国のダークな一面と理不尽をえぐります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 西園寺 薫 on  | 

スーパーの落とし穴を暴く。

英国のスーパーはおもしろい。


どーみても計算間違いによるお得商品が突然現れたりするからだ。


特に郊外大型店は、低所得の人向けに捨て値がそっと貼ってあったりするので


週末朝の出勤前に通うのが定例になってきた。


こないだなんか



靴2足を5ポンド以下でゲットしたり、


子供服を20ポンドで10着買ったり、


シャンペンなんかも半額やそれ以下で入手した。



間違ってないか心配になるが、

確認して本当に間違いだったら馬鹿らしいので、

無言でしかもセルフレジでさっさと買う。


金曜日、朝イチ、郊外大型店が最低条件だ。


私の通う某テスコは早朝だと、これから値下げする準備前だったりするので、


8時すぎくらいがベストだ。




一方で、なぜかまとめ買いすると値段が上がるものもある。


日本人の感覚ではまったく理解不能の信じられないオファー。


だからこそ、ココロ惹かれるところでもあるわけだが。


そんな素敵なそして決して踏んではいけない地雷たちを。


いくつかご紹介したい。


ツウには堪らないハズだ(いるのか?)。






このチョコレートは、一個3.5ポンドで、2つ買えば7ポンド。


いやそのままやし。


全くお買得じゃないし。


まさか買うほうも気づくだろう。

p 216



これは1個88ペンス。

3つ買えば3ポンド。

端数の切り捨て方はそうぢゃないんだよ。


p 217



これは1個1ポンド。

2つ買うと半額損します。

これは大胆すぎてむしろ俺、試されてる?

もっと、ばれないようにやってください。


p 237




このミネラルウォーターは、1本48ペンス。

6本セットで、3.67ポンド。


はじめは9本だろって思ったが、6本だ。


にくいほど値上がるのだ。


しかし、セットものは思考停止に陥りやすいので

気づかないとの見込み狙いか。


いや、買ってから気づいたら本当に憎む。


高度な隠しワザだ。


p 207







いやー、社会のずさんの闇を見ました。


丸見えでした。






数日後に行ったら、値札そのままにもかかわらず、



結構売れてました(爆)。








金融の国、ザ・大英帝国のおちゃめなダークサイドだ。







Category : ツボ
Posted by 西園寺 薫 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://maisoncoutureh.blog52.fc2.com/tb.php/78-c036650d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。