*ロンドン永住日記* | 英国のダークな一面と理不尽をえぐります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 西園寺 薫 on  | 

洗車の報酬


日本へ一時帰国するといつも思う。

新しい車、きれいな車が多い。

よく手入れされている、というか。

つやつやというか。

みーんな高級車に見える。

そしてなんといっても白い車が多い。

うちの実家もそういえば、白だ。



反対に




ここ英国では、白い車は少ない。

業務用のバンくらいだ。


色物もあるが圧倒的に多いのはシルバーだ。

そしてあまりきれいに手入れされていない。

無残に凹んでも修理せず、凹んだままだ。

窓ガラスがなくビニールだったり、ダンボール貼っつけてるのなんかもいる。

サイドミラーも首の皮一枚でつながっているもののへし折られたまま。


以前、前を走る車をみて、なんか変だなあと思っていたら、バンパーがなかった事もある。


こーゆーのが全く珍しくない。

本当に車は走る凶器という表現は奴らのためにあるといっていい。

修羅場を潜り抜けてきた猛者なクルマ。

こんな捨て身な車に当てられたら、と思うと道を譲らずにいられない。



車検はどうしてるのか気になるところだ。


ちなみにうちの車もシルバーだ。

ヨゴレが目立たないのだ。



長いものには無言で巻かれるに限る。





昨日は、日曜日。


上っ面だけではあるものの、まあ天気もよくあったかくて、

車のヨゴレも気になっていたところだったので

我が家の車を洗った。



武器は地味に台所洗剤と食器用スポンジだ。




おつむから下へ。


スポンジで洗う。


洗ってるそばから乾いてしまうと


スポンジの跡が残ってやり直しなので


スピードも要求される。



しかし汚れてるもんだ。


まあ、私の腹ん中と違って落ちるだけいい。



小さい車だと思っていたのに


洗うときにはいつもより4割増位のサイズに見える。


やっとこさ車体は洗い終わって


ホイールも洗う。


が、こっちのほうが伏兵だった(涙)。



手をつけなければよかったほどだ。




最後に流す。





とてもきれいになった。



ちゃんとつやが戻ってきた。






今朝、普通に起きて出勤。



ふと車を見ると





散った桜の花びらが、洗車したばかりの車体にくっついてて



もう、水玉模様になっていた(涙)。



上から粉砂糖のように降ってくる。



朝は気温が下がるので



車が汗かいたみたいになっており、



1枚1枚が、糊付けしたやうにべっとりくっついていた。



走らせても、ほとんど飛んでいかず、




今まだ、水玉模様状態だ。


このまま乾いてしまったら、恐ろしくファンシーだ。




とても耐えられぬ。




ふと思う。



なんかこう、



全身タイツみたいなもので車を覆って、



汚れたら剥がして捨てるみたいな














みたいなものがあるといいんだが。



Category : 英国生活
Posted by 西園寺 薫 on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

ゆうこ says...""
初めまして。台所洗剤ってもしかして食器洗いの洗剤ですか?それ使っちゃだめなんですよ!私も洗車の際調べてみたら、「食器用洗剤は絶対使わないように」って書いてありました。なんでも油分を取る成分が車のコーティングによくないみたいです!
2011.04.06 08:19 | URL | #- [edit]
えびサブレ says...""
ご訪問&ご助言頂きありがとうございます。
アドバイスをふまえ、もう2度と使わないように、締め上げておきます。
専用のクレンザーを使うのが一番いいんでしょうね。
こびりついた花びらを洗浄する必要が発生しましたので、桜が全部散ったら
フンドシを締めなおして挑みたいと思います。
ありがとうございました。

2011.04.06 16:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://maisoncoutureh.blog52.fc2.com/tb.php/80-4f03f77b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。